バンス(貸付金)制度について

バンス制度とは

風俗業界に携わったことのある方ならご存知のことと思いますが、一般的にはあまり馴染みない言葉なので、聞いたことないという方もいらっしゃると思います。

バンス制度とは、単刀直入に言えば、お店からお金を借りる仕組みのことです。いわゆるお給料の前借りですね。

基本的にはお仕事をしてから、お給料としてお金が支払われますよね。これが通常の形態です。対して、バンスは前借(借金)ということにになります。つまり、働く前にお金を受け取れるのです。

どうしても期限までに稼ぐことが難しい、かなり緊急にお金がいる、そういった必要に迫られた場合に、とても頼りになる制度です。

ただし、バンスと言えども、基本はクレジットカードのキャッシングやサラ金でお金を借りるのと変わりません。計画的な利用を心掛けましょう。

ご利用方法

バンス制度の利用に際して、まずはお店のスタッフさんに相談しましょう。なぜ必要なのか、いくら必要なのか、いつまでに必要なのか・・・など、お金の貸し借りをするに当たって、必要な確認事項があります。そして、いつまでに返済できるのかも、しっかりと相談して返済プランを立てましょう。

●注意事項

  • お金の貸し借りは、お互いの信頼関係の元に成り立っています。軽い気持ちで借りるのはもちろんNG。しっかり考えて利用しましょう。
  • お仕事をする上で、急な体調の変化など、予測できない事態に見舞われることももないとは限りません。余裕を持った返済プランを組んで、返済期限を守りましょう。
  • もし、期限が間に合わない場合には、あらためてスタッフさんと相談し、返済プランを見直していきましょう。

このページをシェアする

トップへ戻る