マイナンバー制度について

【大人の女性】を守る3つのお約束をご案内

3つの約束で貴方を守ります

面接や入店する際に、マイナンバーは必要ありません。
当店では、マイナンバーを『聞かない・調べない・記録しない』の3原則をお約束しておりますので、ご安心ください。

マイナンバー制度って

1人にひとつ、マイナンバー
平成27年10月から、日本国内の全住民に通知されている、1人ひとり異なる12桁の番号もこと。
平成28年1月以降、住民の皆さんの年金、医療、介護、生活保護、児童手当などの
→社会保障関係の手続き
税務署等に提出する書類への記載など→税務関係の手続き
被災者生活再建支援金の支給など→災害対策に関する手続き
役所関係の事務で必要となる大切なものです。
政府公式HPより引用

住民票を有する全ての方に対して、1人1番号のマイナンバーを住所地の市町村長が指定します。原則として、1度指定されたマイナンバーは生涯変わりません。国の行政機関や地方公共団体などでは、社会保障、税、災害対策の分野で保有する個人情報とマイナンバーとを紐づけて効率的に情報管理を行い、さらにマイナンバーを活用して、同一の者に関する個人情報を他の機関との間で迅速かつ確実にやり取り(情報連携)することができるようになります。また、他人のマイナンバーを利用した成りすましを防止するための厳正な本人確認の仕組み、マイナンバーを保有する機関の情報管理や情報連携における個人情報保護の措置も取り入れています。
内閣官房HPより引用

マイナンバーによってお仕事が知られることはありません

マイナンバーで風俗のお仕事はバレません

貴方が当グループでお仕事をする際、「個人の自営業者(個人事業主)」としての業務となりますので、当グループは貴方の「マイナンバー」には一切関与しません。また、貴方の「マイナンバー」を聞くこともありません。「マイナンバー制度」でお仕事が周りにバレることはで絶対にありませんので、安心してください。
お店側には貴方の「マイナンバー」を知る権利もたずねる義務もありません。

お昼の仕事先に風俗のことが知られてしまうことはありません

Wワークでも心配なし!

当グループより、マイナンバーをお聞きすることはありませんので、お昼の仕事先に知られてしまう心配はありません。お店とは雇用関係に当らないため、マイナンバー制度の影響を受けることなくお仕事をしていただけます。

住民票からマイナンバーを控えることはありません

住民票はマイナンバーの記載なしのものでOK

マイナンバーをお聞きしたり、控えたりすることは一切ありませんのでご安心ください。住民票を取得する際にマイナンバーの記載の有無が選べるようになりますので、「記載無し」のものをご提出いただいても全く問題ございません。
記載されているものをお持ちいただいても、お店で控えることはありません。

このページをシェアする

トップへ戻る